日常が届く幸せ

あの地震から今日で一週間が過ぎました。
そろそろ備蓄していた食料も心もとなくなってきたので
家族で協力して食材や消耗品の調達をすることに。
朝7時半からYはスーパーに1時間半並んで食材を調達。
Zと私はドラッグストアに行き消耗品やフランのご飯の調達。
主人は水調達と分担作業となりました。

1時間半も寒い中並んで大変ではなかったのかしらと思って聞くと
「楽しかった。」という返事。
YもZも地震から初めての買い物がとても楽しかったようです。
余りにも非日常を体験して、
買い物をすることで当たり前の日常に戻れたからなのでしょう。
この日常も、色々な方が尽力されて届けられたもの。
震災が起こった次の日には、とても薄かったけれど 
いつも通りに新聞が届けられました。
当たり前の日常が届く幸せが、
どんなに有難いものかと思わずにはいられません。

あの地震の日から、
何処となく皆の根底を流れる意識が変わったように思います。
それは どう表現していいのか判らないのですが
私にはそう感じられて仕方がないのです。
そして、拙いなりに何かが伝えられれば。。と思っています。






c0110276_2161994.jpg

                 ※ 写真は以前撮ったフランのストックフォトです。







069.gif
被災された沢山の方の暮らしが 一日も早く戻りますように


にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
      
Thanks are put in the assistance click. =ありがとうの感謝をこめて♪=
[PR]
トラックバックURL : http://nekotocafe.exblog.jp/tb/16072030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nekopanchicafe | 2011-03-18 21:34 | Zakka & etc | Trackback