津波の爪痕

震災で津波の被害にあった義母の家に、やっと今日、行ってみることが出来ました。

義母の家近くまで続く道は途中で途切れていて
私と主人は車を降り、倒れた電柱や瓦礫を避けながら
砂だらけの道を義母の家へと向かいました。
そうして
そこで見たのは、土台だけになった義母の家。
傾いた浴槽の下、そこかしこが津波で大きくえぐられ、
見慣れたあの義母の家の風景は何処にもなくて。。。

主人はその土台から、
ここが玄関、ここが居間、義母の寝室。。と気丈に確認して周り
何か家で使っていたものが残ってはいないかと目を凝らし続けました。







c0110276_21142022.jpg







義母の周りの家々も津波に流されて跡形もなく、
何処から流されてきたのか、
誰が使ったものなのか、
無数の瓦礫、物が、津波の流れた後にあわせて散乱している。。
こんなに風景が変わってしまったのに
こんなにまで風景を変えた海からは穏やかな波音が聞こえていて
空には鳥の声が響いていました。。。









069.gif
被災された沢山の方の暮らしが 一日も早く戻りますように


にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
      
Thanks are put in the assistance click. =ありがとうの感謝をこめて♪=










c0110276_21282540.jpg






※ この写真の前方は海。
  右側の木に引っ掛かっているのは津波で流されてきたビニール。
  高さはおよそ4メートル。
  左側に小さく斜めに立っているのは、辛うじて残った堤防の一部。
  手前側に落ちているのは、堤防に使われていたブロック。

[PR]
トラックバックURL : http://nekotocafe.exblog.jp/tb/16079757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nekopanchicafe | 2011-03-20 21:41 | Zakka & etc | Trackback